便秘を改善するには?

腸内環境が悪化していることによる便秘を解消するためにするべきことは、腸内環境改善です。そして腸内環境を改善するためには、善玉菌が悪玉菌に比べて優位な状態をつくる必要があります。

善玉菌の勢力が優位な腸内環境を実現するには、悪玉菌が増加する原因をつくり出さないことが大切です。肉類中心の食生活はやめて、食物繊維がたっぷり含まれている食品を積極的に摂りましょう。また、善玉菌の一種である乳酸菌やビフィズス菌が入っている食品を日々の食事のなかに取り入れることも、善玉菌優位の腸内環境をつくり出すためには大切です。それに合わせ宛てオリゴ糖も食生活に取り入れるといいでしょう。オリゴ糖は善玉菌のエサとなるため、便秘の改善をサポートする効果があります。

また、ストレスも悪玉菌を増加させる原因になるため、うまく発散することが大切です。適度な運動、十分な休養など、自分なりの方法でストレスを解消しましょう。なお、暴飲暴食のような不健康なストレス発散方法をしてはいけません。

そのほか、自分の腸内環境が良好なのか悪化しているのか把握する術を知っておくことも大切です。便やおならのニオイが悪臭であり、便の色が黒ずんでいる場合には、腸内環境悪化のサインです。注意深くチェックしてみて、悪化のサインが出ている人は健康維持のため、早めに善玉菌を増やすための対策をはじめましょう。