善玉菌・悪玉菌とは?

私たち人間の腸のなかには細菌がせい息しており、善玉菌と悪玉菌が存在します。善玉菌は乳酸菌、ビフィズス菌、納豆菌、酵母菌、麹菌などの種類があり、ホルモンやビタミンを生み出す、消化・吸収を促す、脂肪の代謝を行なう、免疫を働きを盛んにする、感染を防ぐ、腸のぜん動運動を起こすといった仕事をしてくれている存在です。

一方の悪玉菌は、腸のなかで有害な物質を生み出し、腸壁の細胞に長年を費やしてダメージを与えていきます。これによって悪性腫瘍を形成させたり、肝臓を弱体化させたりし、肝機能が悪くなることによって解毒の役割をうまくこなせなくなると、悪玉菌によって産生された有害物質は全身をかけめぐることになり、生活習慣病や老化を招いてしまいます。また、悪玉菌は腸のなかをアルカリ性に傾かせて、免疫力を低下させてしまいます。そのほか、悪玉菌によっておならの悪臭やお通じが悪くなる、にきびや吹き出物が出てしまうといったトラブルも起こります。

善玉菌と悪玉菌は絶えず腸内で勢力争いを繰り広げていて、善玉菌の勢力が優位な状態では腸内環境は良好、悪玉菌が優位な状態では腸内環境は悪化し、前述したようなトラブルが起こりやすくなります。なお、腸内には日和見菌といって、勢力が優位なほうに味方し、善玉菌優位の場合には善玉菌と同様の働きをする腸内菌もせい息しています。

当サイトでは、悪玉菌が多くなる理由や腸内環境悪化による便秘を改善する方法を解説しています。腸内環境や細菌に興味がある人、便秘の悩みを解決したい人はぜひ別のページの内容もチェックしてください。